多汗症は身体に負担を感じさせない治療も可能

多汗症は身体に負担を感じさせない治療も可能

汗を大量に流してしまう多汗症は極度の緊張などから起きてしまう症状で、通常は気温や運動などから体温が上がり、それを調整するために汗を流すという身体を守るための仕組みになっているんです。

 

ですが、多汗症とはそれらとは異なる緊張や精神的なことにより起きてしまう症状で、これは何かの病気が関わっていることも考えられます。

 

ちなみに多汗症といっても全身に大量に汗を掻く更年期障害などの病気が関係している全身性多汗症と、脇下や足裏、または手汗などに発汗してしまう局所性多汗症という症状に分けることができます。局所性多汗症は緊張すると発汗が増加してしまい、そのため紙類に触れたら濡れてしまったり、靴の中がビショビショになったりします。

 

これらは例えば手の場合ならパソコンを故障させてしまったり、足なら水虫になりやすくなって臭いも引き起こす結果になってしまいます。

 

つまり体臭に繋がるケースも考えられるということなんです。多汗症の原因は主に交感神経が敏感なことにより緊張すると発汗しやすくなることにあります。緊張やストレスはそれらを引き起こしますが、肥満や喫煙やカフェインなども交感神経に刺激を与え発汗させますから気をつけないといけません。

 

また更年期障害ならエストロゲン分泌により汗もすぐに引いてくれることもありますが、基礎代謝が甲状腺ホルモン増加をすることにより多汗症が見られることもあります。アドレナリンの大量分泌が多汗症になる場合もあります。
多汗症の改善策としては先にも挙げたとおり喫煙やカフェインなど控えるようにしなければいけません。

 

また市販されている制汗剤を使用するのも方法としてありますが、これは一時的なことになりますので、緑茶風呂やお酢の風呂または笹風呂などに浸かり徐々に多汗症を軽減させるといいでしょう。また病院での手術という方法もありますが、カウンセリングや自律神経や精神安定などの薬を処方してもらい、身体に負担を感じさせない治療も可能です。