デリケートゾーンのにおい対策で必要なこと、雑菌に注意!

デリケートゾーンのにおい対策で必要なこと、雑菌に注意!

デリケートゾーンは常に下着で覆われており蒸れやすく、排尿の際などに雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

 

 

特に夏場はにおいが気になりやすいです。女性としてデリケートゾーンのにおいは絶対に阻止したいものです。デリケートゾーンのにおい対策についてご紹介します。

 

 

 

まず、女性は生理周期によっておりものの量が変わってきます。おりものの量が多いと必然的に群れやすくなってしまいます。蒸れることはにおいの元になります。おりものの量が多いときにはおりものシートを使用することをおすすめします。おりものシートは下着よりもおりものをぎゅっとしっかり吸収してくれます。こまめにおりものシートを交換すると常に清潔な状態を保つことができます。

 

次に、毎日のお風呂はシャワーだけですまさずに、ちゃんと湯船につかることが大切です。デリケートゾーンは湯船にしっかりつかることで雑菌がいなくなり、清潔な状態になります。デリケートゾーンは排尿などでどうしても汚れてしまいますので、毎日しっかりと汚れを落とす必要があります。石鹸やボディソープでごしごし洗ってしまうのは刺激が強すぎるのでNGです。デリケートゾーンを清潔にすることでにおいが抑えられます。

 

 

 

もう一つのにおい対策は、アンダーヘアの処理をすることです。もちろん全部処理する必要は全くありません。ある程度でokです。毛は予想以上に保温効果があるので、特に暑い夏場は、アンダーヘアが多すぎることによって雑菌が繁殖しやすくなり、また蒸れやすくもなり、その結果においがきつくなってしまいます。アンダーヘアの量を少し減らし、長さを整えることをおすすめします。排尿の時にアンダーヘアに尿がかかってしまうと雑菌が繁殖しやすいので、尿がかからない程度に処理するとよいです。また、生理の時にもアンダーヘアが多すぎると蒸れや雑菌に原因になりにおいの元となります。